LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS IGGY AND THE STOOGES/ROUGH POWER(1994)

<<   作成日時 : 2018/06/24 20:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像昔DOLLで…と言っても来年で廃刊から10年にもなる雑誌のことなんてもう誰も覚えちゃいないかもしれんが、とにかく話を進めると昔DOLLで再結成したTHE STOOGESの特集をやった時に、1996年にIGGY AND THE STOOGES『RAW POWER』のイギー・ポップ自身によるリミックス・ヴァージョンが出た時点で、それまでに出回っていたIGGY AND THE STOOGESの音の悪い未発表音源の類はすべて無用のモノとなった…みたいなことを書いたことがあった。
『RAW POWER』のリミックス盤がそれほどインパクトのあるモノだったのは間違いない。
しかし後になって考えると、以前に出た未発表音源をすべて否定するには当たらないなと思い直した。
96年のリミックスはあくまで96年のリミックスであって、アルバム制作当時にデイヴィッド・ボウイがミックスする以前のオリジナル・ミックスではなかったのだから。
それに、リヴェンジやBOMP!など様々なレーベルから出ていた未発表音源には、リハーサルだのライヴだのアルバム未収録曲だのも多く含まれていたワケで。

…で、『RAW POWER』のリミックス盤がリリースされる2年前にBOMP!から出ていた、70年代の別ミックス音源集。
前半の7曲は、デイヴィッド・ボウイが手を入れる前の“オリジナル・ミックス”という触れ込み。
1972年10月3日〜4日にかけてミックスされたモノだという。
正直言って…実際にリリースされたミックスとそれほど大きく違うとは思えない。
各楽器のバランスもそんなに大差なく、ちょっとラフだよな、ぐらいの。
音そのものも小さい。

聴きモノは、それに続く6曲だろう。
1973年の初め、『RAW POWER』リリース前後(正確な日付は不明)にWABXというラジオ局で何故か放送された、“アーリー・ミックス”。
コレは、全然違う。
『RAW POWER』のヴァージョンよりも遥かに生々しく刺々しいサウンドが聴ける。
(音質は良くない)
89年にカーティスというレーベルからリリースされた未発表音源集『RAW MIXES VOL.3』の音が『RAW POWER』で聴けるのとあまりに違い過ぎて、コレは何処から出たモノなんだろうかと思っていたが、この放送の時のテープがソースになっていたのではと。
番組のパーソナリティ二人が“デイヴィッド・ボウイのオーヴァー・プロデュース云々”という話をしていて、『RAW POWER』は最初からそういう評価だったのだなあ、というのも知れたり。

その後に何故かTHE STOOGES「Not Right」のアウトテイクというのが入っていて。
コレはその時の放送で流れたのをそのまま収録したということなのかもしれないが、『RAW POWER』のミックス違いを集めるというこの編集盤の趣旨からすると、外してもよかった気が。

最後に3曲、ボーナス扱いで1972年11月28日の別ミックスというのが収録されている。
(何回ミックスやり直したのか)
日付は怪しい。
CDの前半に入っている7曲よりも2ヵ月近く後にミックスされたはずなのに、音自体はむしろ“アーリー・ミックス”に近い。
まあそれだけ試行錯誤していたのかも知れんが。

改めて聴き直してみると、当時決定版だと思っていたイギー・ポップ自身によるリミックスも案外そうじゃなかった、みたいな感想になる。
オリジナルの『RAW POWER』で消されていたコーラスを復活させたりして、爆音に仕上げてあったリミックス盤だったけど、“アーリー・ミックス”で聴けるような文字通りロウなパワーとはまた違う。
で、CD棚をぎっしり埋め尽くしたIGGY AND THE STOOGESの怪しげなレア音源集を相変わらず聴きまくるワケです(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IGGY AND THE STOOGES/ROUGH POWER(1994) LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる