LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ@新宿HMV

<<   作成日時 : 2018/07/26 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像本日。
イライザ・ロイヤル女王様率いるイライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチのインストア・ライヴ。
先日のめろん畑 a go go同様、「あっ、その頃新宿にいるじゃん、寄れるじゃん」と。

穴奴隷以来、イライザ女王様のバンドは(多分)すべてライヴを観てきたのだが。
このバンドだけ観たことがなかった。
その間に、もう7年ほども活動しているのだという。
インストア・ライヴとはいえ、初めてナマで観ることが出来た。

さてメンバー登場。
ギターとベースに小さいアンプ。
ドラムはスネアとシンバルだけのスタンディング。
で、メンバー全員、アルバムのアートワークで見るよりもずっとキュート。
(写真映り悪いってことか…)
小さなステージ(のようなモノ)の上でイライザ女王様が歌い、演奏陣はその後ろ。

「ロックンロール・ハイスクール」で演奏スタート。
とりあえず楽曲の輪郭がわかるだけの、最低限の演奏力。
音量が小さい分、演奏技術の拙さはますますむき出しになる。
(指弾きで印象的なフレーズを奏でるベースがアンサンブルを支える)
どうかすると音符が全部1列に並んでしまうイライザ女王様の歌唱。

しかし、それらを補って余りあるポップでキャッチーな楽曲と、コケティッシュでファニーな存在感。
そして、演奏力の不備を遥かに凌駕する…というか、演奏力がどうだろうと知ったこっちゃない、自分たちのR&Rを自分たちで演奏して歌う、自分たちのDIYなパンク・ロックを何処までも信じるアティテュード。
イライザ女王様のキメ台詞(?)である「でもやるんだよ!」が前のめりを通り越してつんのめる。
このバンドがみんなに愛され、7年も続いてきた理由が透けて見えるようなステージだった。

「だれよりも」では、演奏前にフロア前方のお客さんの名前を聞いて、歌の中にその名前を入れ込むという大サービス。
もちろん“よしはる”も歌われました(笑)。

次はライヴハウスで観たいな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ@新宿HMV LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる