LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS MUSTANG JERX/EASTER MONDAY

<<   作成日時 : 2018/07/31 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像MUSTANG JERX、前作『ハカノナカ』(2013年)から5年ぶりとなる新作アルバム。
先月リリースされたモノだが、先日のライヴ会場で入手。
『ハカノナカ』を入手したのが昨年12月にライヴ観に行った時で、近いうちに旧譜レヴューで紹介しよう…と思っていたら、新作が出ていた。

パーソネルは2009年のアルバム『MOJO LIGHT』から不動の高森サトル(ヴォーカル、ギター)、利果(ベース)、マグ(ドラム)。
オリジナル・メンバーは高森一人だが、現編成で既に10年。
帯には“GOD SPEED! 10 Songs 22Min 22Sec!”とあるが、CDプレイヤーの窓には22分20秒と表示される。
1曲平均2.2分。

初期はステージ上でロックの神を下ろす儀式(?)を行ない、イギー・ポップがギターを持って歌っているようなライヴを見せていたMUSTANG JERXだが。
その後はブラック・ミュージックに接近し、『MOJO LIGHT』そして『A』(2011年)でねっとりとした黒いグルーヴを聴かせた。
『ハカノナカ』でややパンク/R&Rに揺り戻した感があり。

新作では、パンクやデトロイト・ロック、ブルーズやR&Bの要素がいい塩梅にミックスされた感がある。
黒くてブルージーだけど渋くなくて、ハードで疾走感あるけど飄々としてる。
今の編成で10年醸されたグルーヴ。

録音は1日(イースターの月曜日)、ミックスも1日。
まさに“録って出し”という感じの音。
“マスタリングby中村宗一郎”みたいな爆音でもなく、Lo-fiの極みみたいなRAWサウンドでもなく、実にナチュラル。
ステージでの迫力には及ばないながら、本当にナチュラル。
言うなればパブ・ロック的。
それでいい、それがいい。

『MOJO LIGHT』にも収録されていた代表曲中の代表曲「Choo-Choo Train Of Tears」がボーナス・トラック扱いで再録されている。
9年を経ての再録。
加入当初ほぼ初心者だった利果の成長ぶりを実感出来る。
10年間醸されたグルーヴが堪能出来る。

しかし、言ってみればコレはレパートリーが収められたカタログ。
このバンドの真髄はやはりライヴにアリ。
8月4日に新宿red clothでライヴありますから、興味持たれた方は是非。
(俺は残念ながら行けない可能性大だが…)


『EASTER MONDAY』、6月27日より発売中。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MUSTANG JERX/EASTER MONDAY LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる