LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS DINOSAUR Jr./QUEST(1993)

<<   作成日時 : 2018/09/25 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像DINOSAUR Jr.については、このブログを始めて間もない頃にオリジナル・メンバー3人によるライヴ盤『JAYLOUMURPH』を紹介したが。
今回もオリジナル・アルバムではなく。
5thアルバム『WHERE YOU BEEN』(1993年)の頃にアルバム未収録音源を集めてリリースされた、日本編集のミニアルバム。
(と言っても全10曲、41分ある)
日本でリリースされた翌年、94年にはオセアニア圏でもそのままのフォーマットで発売されたという。

DINOSAUR Jr.は『HAND IT OVER』(1997年)を最後にいったん解散するまで追いかけ続けていたが。
それまでのバンドの歩みは、音楽的な完成度を高める一方でバンドの実態がなくなって行く過程でもあった。
で、結局一番好きなアルバムはJ.マスキス(ギター、ヴォーカル)、ルー・バーロウ(ベース)、マーフ(ドラム)の3人が好きに暴れている87年の2nd『YOU'RE LIVING ALL OVER ME』。
(J自身も一番気に入っているアルバムだという)
なので、初期の楽曲のライヴ・ヴァージョンやアコースティック・ヴァージョンが収録されているこのミニアルバムは実に好ましい。
特に『YOU'RE LIVING ALL OVER ME』収録曲である「Kracked」のライヴ・ヴァージョンが嬉しい。

あと、FLYING BURRITO BROTHERSのカヴァー「Hot Burrito #2」が目を引く。
80年代後半にグランジの先鞭を付けながらニール・ヤングあたりの多大な影響を感じさせたDINOSAUR Jr.…ルーツはやはりこのへんにあったか、と。
(ちなみにバック・コーラスでマット・ディロンが参加しているという)
何処から引っ張ってきたんだろう…と思わずにいられないジャケットのセンスも最高(笑)。

ところで“J.MASCIS”のカタカナ表記はJ.マスキス、J.マシス、J.マスシス、J.マスクス…と様々だったが。
(このミニアルバムのライナーでは“J.マスシス”となっている。俺自身は長い間“J.マシス”と表記していた)
THE STOOGES/IGGY AND THE STOOGESのドキュメンタリー映画『GIMME DANGER』で“マスキス”と発音されているのを確認。
コレでケリが付いた。
このミニアルバムとは関係ないけど、J.マスキス、THE STOOGES再結成のキーパーソンでもあった。

で、この日本編集盤、今ではレアじゃないかなあと思って中古盤の値段を検索してみたら、めっさ安かった(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DINOSAUR Jr./QUEST(1993) LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる