LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』

<<   作成日時 : 2018/10/31 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像アメリカのポピュラー・ミュージックの伝統と今を総まくりするドキュメンタリー40分。
40分!
そう、この映画、40分しかないのだ。
TV番組サイズ。
そして、何故か日本語吹き替え版での公開。
しかし、実によく出来ている。
原題は“AMERICAN MUSIC JOURNEY”ではなく“AMERICA'S MUSICAL JOURNEY”。
なるほどという感じ。

“主役”に当たるのは2013年に故アヴィーチーとのコラボレーションによる「Wake Me Up」をヒットさせたアロー・ブラック。
(若い人かと思ったら、もう40歳近いのか)
彼が地元LAを離れ、新曲「My Story」にアメリカの多様な音楽スタイルのエッセンスを持ち込もうと旅をする、その間に触れる様々な音楽とミュージシャン…みたいなお話。
アメリカ音楽の多様性、そしてそれらがかつて奴隷だったアフリカ系アメリカ人や、アイルランドやキューバからの移民といった実に多様な民族の文化から織りなされてきたことに主眼が置かれているので、パナマからの移民2世であるアローの起用は実に納得。

ニューヨークでルイ・アームストロングの偉大さを偲び。
黒人やフランス系移民やネイティヴ・アメリカンが混じり合うニューオーリンズで結婚パレードに加わり。
ブルーズの街シカゴでラムゼイ・ルイスと語り合い。
カントリーの都ナッシュヴィルで18歳の天才的バンジョー奏者ウィロー・オズボーンと演奏し。
エルヴィス・プレスリーを輩出したメンフィスでケヴ・モとR&Rを楽しみ。
デトロイトでゴスペルに触れ。
マイアミでグロリア・エステファンに出会い。
そしてアロー・ブラックはワシントンDCに辿り着き、国会議事堂をバックに「What A Wonderful World」を歌い上げる。
さて彼の新曲の出来や如何に…。

何しろ40分しかないので、深みの様なモノはあまり期待出来ない。
それにしても、40分という短い尺でよくもまあこれだけいろいろ詰め込んだモノだ。
グロリア・エステファンを別とすれば、基本的に50年代までのいわゆるルーツ・ミュージックに焦点を当てた作品と言えるが、それだけではなくヒップホップのダンスやEDMのフェスティヴァルの模様なども映し出される。
昔の写真と動画を時にCGと不可分にミックスしたダイナミックな映像も見応えアリ。
一方ダンスその他のパフォーマンスを見ると、その身体能力の高さに驚かされてしまったり。

本当に短い映画なんで、内容的には公式サイト(http://americanmusicjourney.jp/)に説明されていることでほぼすべてと言っていい。
しかし実際の音と映像は、多くの音楽好きの心に響くことだろう。


『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』、11月16日(金)よりイオンシネマ、新宿武蔵野館他で2週間限定公開。


(C)VisitTheUSA.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』 LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる