LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS 万物流転

<<   作成日時 : 2018/11/26 20:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像渋谷駅の埼京線/湘南新宿ラインのホームから、「串カツ田中」の看板と窓が見えていた。
そうこうするうち、気付くと店の窓に“閉店まであと〇日!”と張り出されるようになっていた。
「へー、閉店なんだ」と思いながら眺めていた。

そして串カツ田中が閉店すると、同じビルの他の店も閉店してしまい。
「ありゃ、ビルごと取り壊すのか」と思って眺め…っていて気付いたのは、両隣のビルも真っ暗になっていたこと。
更に視線を移してみると、一帯のビル全部空っぽじゃねえか。
「ああ、まとめて“再開発”か…」とようやく合点がいった次第。

一帯にはDESEOとclub乙が入ったビルもあった。
(乙の上には、こないだ某バンドのインタヴューやった貸しスタジオもあったな)
当然ながらDESEOと乙も閉店。
DESEOは道玄坂に移転するそうだが、乙は移転先が見つからず、とりあえずいったん営業を終了するとのこと。

DESEOはHEREとか、NASHVILLE PUSSYの2回目の来日とか観たなあ。
乙は1回か2回DJやった。
東京の街並みはどんどん変わる。
ライヴを観に行ったりDJやったりしたハコも、どんどんなくなる。
思い出の多いハコ、もう名前も覚えていないハコ。
新宿のCLUB DOCTORやLIQUID ROOMやJAMは新宿以外に移転したが。
渋谷の屋根裏や高円寺MISSION'SやGEARは影も形も残っていない。
一方で新しいハコが出来て、そこにライヴを観に行ったりDJやりに行ったりもするのだけど。
万物流転の定めとはいえ、東京の回転は速過ぎて、こっちの気持ちが付いて行けないような気分にもなる。

昔の新宿南口の、あのスラム街みたいな(?)猥雑な雰囲気を覚えている人は、もうある程度以上の年齢の人だろう。
小滝橋通りにライヴハウス(しかも旧新宿LOFT)があったなんて、若い人には想像するのも難しいんじゃないかしら。
旧LOFTに1回しか行ったことのない俺は、今のLOFTで随分楽しんできたけど、南口から東口に移転してきれいになった「台北飯店」には足が向かなくなった。
開発に再開発、街がきれいになればなるほど、自分の居場所が減って行くような錯覚にとらわれるのは、それだけトシをとったということなんだろう。
万物流転の(以下繰り返し)

さて、渋谷のあのへんはどんな街並みになるんだろうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
万物流転 LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる