テーマ:弔い

巨漢の退場

先月22日に石井隆が亡くなっていたという。 うわー。 癌。 75歳。 山下ユタカ宅で観せてもらった『GONIN』に衝撃を受けたのは、そんなに昔のことではない。 確か〇〇〇〇の当時の新作映画のヴァイオレンス描写がヌルい、コレを観ろ、みたいな流れだったと記憶する。 漫画の方は『名美』ぐらいしか読んでいないと思うのだが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹を翔けて向こうへ

3日にファンタジー系ヴィジュアル・アーティストのケン・ケリーが亡くなったとのこと。 死因は不明。 76歳。 RAINBOW『RISING』(1976年:画像)、KISS『DESTROYER』(76年)、『LOVE GUN』(77年)のジャケットは言うに及ばず。 『KINGS OF METAL』(88年)をはじめとするMANO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

29日の訃報

先日、26日に亡くなったアラン・ホワイトとアンディ・フレッチャーの話をしたが。 今度は29日に亡くなった人たちの訃報が続々と…。 ターザン後藤。 肝臓癌。 59歳。 FMWの”鬼神”として知られた人だが、その頃には俺はプロレスをほとんど観なくなっていたので、俺の中では力士を廃業して全日本プロレスでデビューした前座レスラー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26日の訃報

先日、今年のYESのツアーにアラン・ホワイトが不参加、という話をしたばかりだったが。 そのアラン、26日に亡くなったとのこと。 72歳。 死因は不明。 近年はジェイ・シェレンらサポート・ドラマーに頼ることが多かったとはいえ、1972年にYESに参加してから半世紀。 現在のメンバー中ではスティーヴ・ハウが最も古株ではあるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と去る

15日にリッキー・ガーディナーが亡くなったという。 長らくパーキンソン病を患っていたとのこと。 73歳。 英国ロック/プログレ界隈でいうとBEGGARS OPERAのギタリストだが、このブログの読者様の大半(…というほど知られてないか)にとってはデイヴィッド・ボウイ『LOW』、イギー・ポップ『LUST FOR LIFE』『TV E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆死はしなかった

1日にリック・パーネルが亡くなったという。 死因は不明。 70歳。 リチャード・J・パーネル、1951年8月13日ロンドン生まれ。 ドラマーでもあり俳優でもあり。 (後年はラジオのパーソナリティもやっていたという) そしてドラマーとしても、時期毎に全然違う方向性のバンド、あるいはミュージシャンのバックを務めた、多面体の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zero The Hero

訃報が続く。 3月14日に山本夜羽音が。 心不全。 55歳。 1月に新型コロナウイルスに感染し入院。 回復したとされていたが。 漫画界で西川魯介などと並ぶ眼鏡フェチとして名を馳せた一方で、社会活動に関わり”極左エロ漫画家”などと呼ばれた男。 実は友人の友人であったということを、亡くなった後に初めて知ったのであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遥かなる青い影

19日にゲイリー・ブルッカーが亡くなっていたという。 癌だったとのこと。 76歳。 「A Whiter Shade Of Pale」「Salty Dog」「Grand Hotel」…と、PROCOL HARUM時代の名曲は数知れず。 『GRAND HOTEL』(画像)での正装ぶりが似合うあたり、PROCOL HARUMは英国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮殿を築いた人物がまた一人

9日にイアン・マクドナルドが亡くなった。 結腸癌とのこと。 75歳。 KING CRIMSON不動のリーダーは言うまでもなくロバート・フリップだが、『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』(1969年:画像)の演奏面における主役は間違いなくイアンだった。 アンサンブルをリードした管楽器も、楽曲を壮麗に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CHERISHED MEMORIES

1月31日にジョー・アルコールが亡くなったというニュースは、既にあちこちで目にした人も多いだろう。 心不全とのこと。 THE HONG KONG KNIFEを初めて聴いたのは、1997年にワーナーからリリースされたオムニバス『アトミック番長!!!』だったと思う。 その後、バンドが2度目のメジャー・デビューを果たしたキングレコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

They're Gone

ムロタニ・ツネ象が昨年11月22日に亡くなっていたという。 老衰だったとのこと。 87歳。 実はムロタニ・ツネ象の学習漫画は全然読んだことがない。 個人的には『地獄くん』に尽きる。 主人公の造形からしてもの凄く気持ち悪くて怖い漫画なのに、一方でユーモラスでもあり。 初めて読んだ時は「何だコレは」と思った。 (作者の名前もヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報続く

20日にミートローフが亡くなったという。 新型コロナウイルスに感染していたとのこと。 74歳。 心臓病を克服した彼も、コロナの前に力尽きたか。 『BAT OUT OF HELL』(1977年:画像)とそのシリーズで知られた彼だが、個人的にはやはりというか映画『ロッキー・ホラー・ショー』のエディ。 (俺が『BAT OUT O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Be Our Angel

10日に水島新司が亡くなっていたという。 肺炎。 82歳。 代表作数あれど、個人的にはやはり『ドカベン』と『野球狂の詩』。 どっちも実写映画化されている。 『ドカベン』の方は映画館で観た。 そして永遠のヒロイン・水原勇気。 『野球狂の詩 平成編』の時、何歳という設定だったんだろう。 あと水島新司って新潟明訓高校で間章の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インコの声が去った

12月20日に奇形児のヴォーカリスト・YASUが亡くなったという。 食道癌。 62歳。 奇形児もカブトとヤスも、遂にライヴを観ることかなわず。 (コロナ禍さえなければカブトとヤスは観られたはずだったのだが) 残念だ。 31日にはストロング小林が。 膿肺とのこと。 81歳。 近年は腰椎損傷で下半身不随だったという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40年ぶりの消息は

元TOO MUCH~外道他のベーシスト・青木正行が、8月に亡くなっていたのだという。 加納秀人(69歳)よりも年上だったらしいので、70代になっていたはずだ。 再結成した外道を1981年に脱退して以降はほぼ消息不明で、40年。 40年経ってのニュースが、訃報とは。 初期外道でのクールなたたずまいとMCは、唯一無二の魅力だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕

SPEEDやE.D.P.Sなどのドラマーとして知られたBOYが8日に亡くなったとのこと。 死因や年齢は知らない。 個人的には…SPEEDのいわば”新作”として接した、1985年のライヴを収録したアルバム『KISS ON』(2004年)が強く印象に残っている。 そこにはオリジナル・アルバム『KISS OFF』(81年)の時点でいなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50代から70代まで

BIG BIG TRAINのヴォーカル他で活躍していたデイヴィッド・ロングドンが先月20日に亡くなったというニュースには驚いた。 56歳。 20日の時点では単に”事故”となっていて「?」となったが、どうやら自動車事故だったらしい。 70年代のレジェンドではない、現行の英国プログレッシヴ・ロックの中核バンドの中心メンバーが…。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rock's Gone

18日にミック・ロックことマイケル・エドワード・チェスター・スミスが亡くなったとのこと。 死因は不明。 72歳。 イギー・ポップを残して、また関係者が逝った。 ミック・ロックがジャケット写真を撮った数多の名盤で、俺が最初に購入したのは、もちろん(?)IGGY AND THE STOOGES『RAW POWER』(1973年:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と逝く

10月29日に太田淑子が亡くなっていたという。 心不全。 89歳。 『ジャングル大帝』のレオ、『リボンの騎士』のサファイア、『ひみつのアッコちゃん』のアッコ、『ヤッターマン』のガンちゃん、『一発貫太くん』の貫太。 実に錚々たるキャリア。 日本テレビ版『ドラえもん』ののび太もこの人だったのね。 『タイムボカン』の丹平も。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜、物故者の夜

水谷孝が2019年に亡くなっていたというのには驚いたが。 当時71歳という年齢を考えれば、驚くにはあたらないかもと思ったりも。 10月21日に突如として裸のラリーズの公式HPが開設されたのにも驚いた。 水谷、そして裸のラリーズについては、今更俺が書くようなこともない気がする。 とりあえず77年録音のライヴ盤をもとにしたブートCD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と去る

しばらく前、ネット上で元ザ・モップスの三幸太郎が亡くなったという書き込みを見かけていたのだが、確認が取れずにいた。 やはり7月に亡くなっていたようだ。 正確な日付や死因は不明ながら、71歳だったはず。 モップスのリズム・ギターを担当していたのが、村上薫の脱退に伴いベースにコンバート。 近年は音楽活動を再開していたという。 鈴木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報更に

7月20日にインゲ・ギンズバーグが亡くなっていたという。 心不全。 99歳。 インゲの名前を知らずとも、”デスメタルおばあちゃん”と言えば思い当たる人も多かろう。 かつてナット・キング・コールやドリス・デイに楽曲提供したソングライターが、93歳からデス・メタルを歌う…というのは、いろいろな意味で衝撃的だった。 合掌。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報やまず

14日にミック・レインことマイケル・ルーアンが亡くなっていたという。 新型コロナウイルスによる感染症。 62歳。 PEZBANDのドラマー。 やれやれ…。 これだけ死者の山が築かれているのに、いまだ「コロナはただの風邪」などという人がいるのが、本当に理解出来ない。 24日にフリッツ・マッキンタイアが。 死因は不明。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏と共に去りぬ

今日は1回目のワクチン接種。 セブンイレブンで煙草を買って車のエンジンをかけたら、ラジオから「Jumpin' Jack Flash」。 「おお」と思った。 続いて「Satisfaction」。 「THE ROLLING STONES特集か?…ベッタベタだけど、やっぱりイカすねえ」などと思いながら病院に向かって運転していたら。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報続く

みなもと太郎が7日に亡くなっていたのだという。 心不全(肺癌で闘病中だったとのこと)。 74歳。 『風雲児たち』で歴史漫画の大家となっている、と知って「へえ」と思ったのは、そんなに昔のことじゃない。 で、『風雲児たち』が1979年に始まっていたと知って驚いた。 だって俺が好きだったのは『ホモホモ7』と『むこうきずのチョンボ』だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして遠くへ

先月26日にブラソ・デ・プラタ(スペル・ポルキー)が亡くなっていたという。 心臓発作とのこと。 58歳。 俺が彼のファイトを観たのは、1981年に新日本プロレスで来日した時のことだ。 40年前…当時18歳だったのか! 丸々した体型で楽しい試合を繰り広げつつ、後年には総合格闘技にも挑戦したり。 あの体つきでは心臓発作もうなずけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”Bottom To The Top” Is Gone

今朝伝えられたダスティ・ヒルの訃報に、言葉を失った。 負傷でZZ TOPのライヴを欠場した、とこのブログで書いたばかりじゃないか。 何があった…。 28日、眠っている間に亡くなったという。 現時点では死因は不明。 72歳。 THE POLICEやTHE JAMなど、デビューから解散まで不動のメンバーだったトリオ編成の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報続く

6月19日に村木賢吉が亡くなっていたという。 誤嚥性肺炎。 88歳。 1979年に「おやじの海」が大ヒットした時点で47歳。 その後はかなりの苦労があったようだが(”あの人は今”的な記事で読んだ記憶がある)、ともあれ「おやじの海」は名曲だったよなあ。 今月に入り、12日にポール・オーンドーフが。 死因は不明。 71歳。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

饗宴の主が去った

先月29日にジョン・ロートンが亡くなっていたとのこと。 死因は不明。 特に病気などではなかったというのだが。 74歳。 俺がジョン・ロートンの声を初めて聴いたのは、URIAH HEEPの『FALLEN ANGEL』(1978年)だった。 デイヴィッド・バイロンが歌っていた初期のURIAH HEEPが大好きだった俺には、音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神が去った

18日に寺内タケシが亡くなったという。 肺炎とのこと。 82歳。 ウエスタンやロカビリーに始まり、エレキ・インストゥルメンタル、そしてグループ・サウンズまで。 早くから高校を回って、国から感謝状や勲章をもらったりしていたこの人が、厳密に”ロック・ミュージシャン”だったのか、正直今でもよくわからんのだが、80~90年代以降にパ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more