テーマ:最近の仕事

死神紫郎・魚住英里奈・豊川座敷「三輪の黒い薔薇」ライヴレポート

2月13日(土)に大久保ひかりのうまで開催された、死神紫郎・魚住英里奈・豊川座敷の3人によるライヴ「三輪の黒い薔薇-東京編ー」のライヴレポートを書きました。 indiegrabというインディーズ系のニュースサイトに、本日より掲載されています。 https://indiegrab.jp/review/101607/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.48

はい、EL ZINE最新号、28日発売です。 今回の表紙と巻頭インタヴュー…なんてカッコいいお姉さんでしょう、と思ったら。 えっ、愛知のバンド? ポルトガル語と英語と日本語で歌う…って、ブラジルとかじゃないんだ? ともあれ今回、俺の連載「LASHING SPEED DEMONS」は、8年ぶり(!)に新譜(と言ってもこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レジリエンスで心が折れない自分になる』

久しぶりに心理学関係の仕事しました。 厳密にはいわゆる心理学とちょっと違うかもだけど。 ”執筆協力”として参加しています。 ”レジリエンス”というのは元々環境学の分野で生態系の復元力を表す言葉。 現在では”ポジティヴ心理学”の分野で”心の復元力”を表す言葉としても用いられていて。 いわゆる”ポジティヴ・シンキング”とは全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『最新科学で探る日本史』

昨年の『激戦の再現CGと戦略地図で蘇る! 独ソ戦のすべて」(https://lsd-blog.at.webry.info/202012/article_6.html)に続く歴史関連の仕事です。 宝島社TJ MOOK『最新科学で探る日本史』。 ”執筆協力”として、本文の7割ぐらい担当しました。 項目毎に、大学教授をはじめとする専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PROG MUSIC Disc Guide ~プログレッシヴ・ロック/メタル/オルタナティヴの現在形~』

はい、界隈で話題の1冊。 ちょっとだけ参加させていただきました。 タイトルからもわかる通り、”「2000年代以降のプログレッシヴ・ロックとプログレッシヴ・メタル、そしてその周辺に位置するバンド/アーティスト」に焦点を当てたディスク・ガイド”(前書きより)。 DREAM THEATER、スティーヴン・ウィルソン、MARILLIO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KEN HENSLEY/MY BOOK OF ANSWERS

昨年11月4日に亡くなったケン・ヘンズレー(元URIAH HEEP~BLACKFOOT他)の遺作となったソロ・アルバム。 ライナーノーツを書きました。 2月25日のリリースだが、現物が我が家に届いたのは一昨日。 KEN HENSLEY & LIVE FIREでの活動もあったが、ケン・ヘンズレーのソロ名義のオリジナル・アルバムと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EURO-ROCK PRESS Vol.88

はい、EURO-ROCK PRESS最新号、本日発売です。 (WORLD DISQUE店頭では25日から扱ってたらしいが) 今回もレヴューどっちゃり書きました。 ALL IMAGES BLAZING the Art of Mankind BLACK SABBATH CADAVER D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.47

はい、EL ZINE最新号です。 今回は、BLUE OYSTER CULTについて書きました。 今までにもあちこちで何度も紹介してきたバンドだし、このブログでもそれこそ何度となく取り上げてるけど、何しろ今回は新作がリリースされているというタイミングだったので。 わざわざEL ZINEで取り上げるということで、バンドがパンク以降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日1ページで身につく イラストでわかる科学の教養365

はい、昨年出た『キミならどうする!? もしもサバイバル ゾンビから身を守る方法』(https://lsd-blog.at.webry.info/202011/article_14.html)に続く児童書の仕事ですが。 今回は完全な裏方として参加。 本文はひとつも書いてません。 (クレジットもなし) 小学生向けの”科学の教養”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAWKWIND/50 LIVE

タイトル通り、HAWKWINDが結成50周年を記念して行なった、2019年11月の全英ツアーの模様を収録したCD2枚組。 ライナーノーツを書きました。 俺がライナーノーツを執筆したのは昨年の話で、イギリスでのオリジナル・リリースは昨年12月4日。 国内仕様盤の帯には12月20日リリースとクレジットされているが、サンプル盤が我が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「映画野郎」年間ベスト

はい、無料メルマガ「映画野郎」(https://www.mag2.com/m/0001536793参照)恒例の年間ベスト選出、2020年も参加しました。 (別に仕事じゃないけど、便宜上”最近の仕事”のところで紹介) 例によって、ランキング本編(ちなみに1位が『パラサイト 半地下の家族』で10位が『ワンダーウーマン 1984』)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.46

はい、EL ZINE最新号です。 今回は今更ながら(?)、改めてAC/DCについて書いてみました。 新作も出たことだしね。 ブライアン・ジョンソン加入後は完全にスタジアム・バンドで、EL ZINEに登場するようなDIYな人たちとは縁遠い存在ながら、音楽性の本質は昔から一貫して変わらぬ超シンプルなR&Rにあり。 もの凄くビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『激戦の再現CGと戦略地図で蘇る! 独ソ戦のすべて』

久しぶりの戦争関連&歴史関連の仕事で。 今回は漫画原作ではなくテキストを担当しました。 副題は”第二次世界大戦で最も熾烈な闘い1416日間を再現!”。 独ソ戦関連の書籍は今ちょっとしたブーム(?)になっている感もありますが。 この本は単なる便乗ではなく、『独ソ戦史』などの著書で知られる戦史・紛争史研究家の山崎雅弘氏の監修…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

EURO-ROCK PRESS Vol.87

はい、EURO-ROCK PRESS最新号、11月27日から発売中です。 コロナ禍は続き、来日ライヴ・レポートも載せられない、来日したミュージシャンのインタヴューも出来ない。 国内のミュージシャンも全然ライヴやってない。 そんな状況の中で、どうにかして面白い記事を企画して誌面を成立させようとする、編集部の苦闘が伝わってくるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASH RA TEMPEL/GIN ROSE

2000年、マニュエル・ゲッチングとクラウス・シュルツェの二人で一度きりの再編を果たしたASH RA TEMPEL。 その時にスタジオ作『FRIENDSHIP』とライヴ盤『GIN ROSE』がリリースされていたが、この度『GIN ROSE』がDVD付きの2枚組として再発された。 ライナーノーツを書きました。 当時マニュエル・ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キミならどうする!? もしもサバイバル ゾンビから身を守る方法』

4月に出た『ニッポンじゃアリエナイ 世界の国』(https://lsd-blog.at.webry.info/202004/article_17.html)に続いて、2冊目となる児童書の仕事で、何冊目になるか思い出せない漫画原作(シナリオ)の仕事です。 (ただし手違いで俺の名前がクレジットされてない) ”キミならどうする!? も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.45

はい、EL ZINE最新号です。 今回は、グラインドコア・バンドGANG UP ON AGAINSTのヴォーカリストがやっているトリップ・ホップ/ハーシュ・ノイズのソロ・プロジェクトにポスト・パンク・バンドGHILOMのヴォーカリストが合体した名古屋の男女ユニット・NOISECONCRETE×3CHI5(ノイズコンクリート×サンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「UNDERDOCS」パンフレット

この11日からシネマート新宿とシネマート心斎橋で開催されているロック・ドキュメンタリーの映画祭「UNDERDOCS」。 パンフレットに寄稿しました。 (画像はパンフレットじゃなくて映画『レディオ・バードマン/ディセント・イントゥ・メールストロム』のポスター) パンクを中心としたアンダーグラウンドなロックのドキュメンタリー映画ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EURO-ROCK PRESS Vol.86

はい、EURO-ROCK PRESS最新号出ております。 表紙と巻頭は新作を出したリック・ウェイクマン。 本人のインタヴューに関連作レヴュー、THE ENGLISH ROCK ENSEMBLEのアシュリー・ホルトのインタヴューと、リック関連だけで実に9ページに及ぶ大特集。 今は何年だ!…という感じだが、いやいやコレこそがE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.44

はい、EL ZINE最新号発売されました。 今回はMISFITSについて書きました。 今更という感じもしないでもないが、最近はまとまった記事を見かけることもないし、元ドラマーのジョーイ・イメージが亡くなったタイミングで、山路編集長からリクエストがあったので。 基本的には1983年に解散するまでのオリジナルのMISFITSの記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.43

はい、EL ZINE最新号出ております。 今回は”オマージュ/パロディ・ジャケット博覧会”と題して、パンクやハードコアのバンドが他のジャンルのアルバム・ジャケットを模したケースというのを紹介。 元々はTHE CLASH『LONDON CALLING』(1979年)のジャケットがエルヴィス・プレスリーの1stアルバム『ELVI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EURO-ROCK PRESS Vol.85

はい、EURO-ROCK PRESS最新号、5月29日から絶賛発売中です。 表紙はTHIS HEAT! しかしインタヴュー記事は巻頭ではなく何故か後ろの方に載ってます。 ともあれ、今回もレヴューどっちゃり書きました。 以下の通り。 ALAN DAVEY'S PSYCHEDELIC WARLORDS(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.42

はい、紹介遅れましたがEL ZINE最新号、4月25日より発売されております! 今回は、このブログでも紹介した東京のポスト・パンク幻のオムニバス『都市通信』について書きました。 再発に携わったイノウエU氏の協力があり、今回参加4バンド中、美れいを除く3バンドのメンバー、および当時テレグラフ・レコードを主宰して『都市通信』界隈の近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ニッポンじゃアリエナイ 世界の国』

はい、こちらも発売日当日に現物が届きました。 (コロナ禍で諦めていた…) 以前から興味があって、機会があったらやりたいと思っていた児童書の仕事。 監修は文化人類学者の斗鬼正一さん(江戸川大学名誉教授)。 ‟執筆協力”として、一部を書かせてもらいました。 タイトル通り、日本では「アリエナイ!」と思ってしまうような世界の国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジョニー・サンダース コンプリート・ワークス』

はい、発売日になってようやく見本誌が届きましたよ…。 『ジョニー・サンダース コンプリート・ワークス』、シンコーミュージックより本日発売です。 監修はTHE GOLDEN ARMS~ACE KILLERS UNION他で知られるジョニー・サンダース狂・Hiroshi The Golden Arm Nakagomeと、かつてファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EURO-ROCK PRESS Vol.84

はい、EURO-ROCK PRESS最新号出ました。 表紙はBIG BIG TRAIN。 うわー、この写真…まさにイギリス人のバンドって感じですな。 巻頭じゃないけどインタヴューもあり。 俺は今回もレヴューどっちゃり書いてます。 以下の通り。 AGITATION FREE AGNOSTIC …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.41

はい、隔月刊の安定したペースで発行されるようになって久しいEL ZINE、最新号です。 俺の連載「LASHING SPEED DEMONS」、今回は山路編集長の提案により、ちょっと変わったネタ(?)で行ってみました。 題して"70'sパンクのEL ZINE的断面”。 SEX PISTOLSだのTHE CLASHだのといった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「映画野郎」年間ベスト

無料メルマガ「映画野郎」。 何年か前から年間ベストの選出に参加させてもらってるんだけど、今年も参加しました。 5本選出しましたよ。 とりあえずそのメルマガの読者にならないと読めないんだけど。 登録↓ http://ow.ly/kAQBj (昨年まではWEB上でも見られるようになってたのが、今はもうやってないらしい) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL ZINE VOL.40

はい、元日も通常運行の当ブログでございます。 ともあれ2020年もよろしくお願いします。 で、紹介が遅れてしまったんだがEL ZINE最新号。 記念すべきVOL.40…と言いたいところだがEL ZINEはVOL.0から始まってるんで、今回で通巻41号。 今回は、12月30日にライヴを観にも行った、特異なシンガーソングライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLEDICKFOGGY INTERVIEW

先日ミニアルバム『POPs』を紹介したOLEDICKFOGGY。 DISK UNIONのWEBサイトでインタヴューしました。 19日から公開されています。 https://diskunion.net/punk/ct/news/article/1/85730 OLEDICKFOGGYにインタヴューしたのは2回目なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more