テーマ:漫画の話

漫画家に限らぬ…

『ロダンのココロ』で知られる漫画家・内田かずひろが、今年の2月に一時ホームレス状態だったのだという。 いわゆる”消えた漫画家”とかの話じゃないんだぜ。 挿画を担当した児童書がこの1月に発売されたばかりで、その書籍の原画展が、まさにホームレス状態となった2月に開催された、バリバリの現役。 住んでいたアパートが取り壊しになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井蓮次(原作:沢田新)『バイオレンスアクション』6

発売から2ヵ月も出遅れた。 最新第6集。 第16話の1から6。 離れ小島で享楽的な生活を送る若者たちのところにやってきたゆるふわ殺し屋美少女・ケイ。 (ぷるるん天然娘…) しかし”彼ら”の正体はヤクザに雇われて裏の仕事を手掛けていた半グレ集団なのだった。 そこには”彼ら”に拉致された…はずのヤクザの会長の娘・メグが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FUNDIYサービス終了

2013年に漫画専門のクラウドファンディングサイトとしてスタートしたFUNDIYが、来たる9月30日を以てサービスを終了するという。 (https://news.fundiy.jp/post/622969755935064064/fundiy%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B5%82%E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Speed Star, Seven Lives

なんか『鬼滅の刃』(読んでない)の作者が女性らしいということで話題になってるみたいなんだけど、女性だとなんか問題あるの? ちなみに俺が一番好きな女性の漫画家は、ダントツで速星七生です。 …と言っても誰も覚えてないだろうなあ、とか思ったんだけど、改めてネットを見ると今でも評価している人がけっこういて、Wikipediaにもちゃんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井蓮次(原作:沢田新)『バイオレンスアクション』5

連載中断を挿み、第4集から約1年半ぶりとなる最新第5集。 ケイとみちたかくんが殺人猟師集団と闘う12話(の後半)がメイン。 ルルが効いて(!)風邪が治ったケイが、今回は銃なしで、手首に固定したスリングショットを中心に、跳んで殴って蹴って。 しかしケイ以上に縦横無尽の活躍を見せるのはみちたかくん。 みちたかくんの武器は、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩明均(原作)・室井大資(漫画)『レイリ』第六巻

はい、『レイリ』最終巻。 あー、終わっちゃいましたよ。 最終巻、話の展開が早い。 天正10年、いよいよ武田軍と織田軍の全面衝突…と思ったら重臣の相次ぐ寝返りで、7ページでは15000人だった武田軍が2ページあとにはたちまち1000人に。 そして読み始まって最初の1話で武田信勝死んじゃうし。 まずここで泣く。 ボロボロ泣く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パチスロパニック7 万枚くんMIX」

パチスロなんてまったくやらないしわからないのに、5年半ぶりにパチスロ漫画誌買っちゃったよ。 税抜777円? たっかあ。 あ、DVD付いてんのか。 ってか観ないし…。 『ガガガガ』他で知られる山下ユタカと『DJ道』のムラマツヒロキには共通点がある。 どっちもパチスロ漫画誌で描いたことがある、という。 もっとも山下は読み切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩明均(原作)・室井大資(漫画)『レイリ』第五巻

1年も待たされた『レイリ』最新巻。 (室井先生、頼んますよ…) 織田徳川連合軍に完全包囲された高天神城。 レイリの提案に従い、城兵たちは若い者たちを脱出させるための決死の策に打って出る。 城主・岡部丹波守らが陽動のために出陣する傍ら、レイリは切り立った尾根の細道「犬戻り猿戻り」で独り鬼神の奮闘を見せ、年若い城兵たちを脱出させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラマツヒロキ『DJ道』

秋田書店のサイト「チャンピオンクロス」で連載され、この4月に終了したムラマツヒロキ『DJ道』。 めでたく単行本化されました。 テーマがDJ…なんというかサブカル寄り(?)だし、ヴィレッジヴァンガードとか行かないと売ってないかなあ、と思ってたんだけど。 そこらへんのTSUTAYAでガッツリ平積みじゃないですか! ムラマツ先生、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井蓮次(原作:沢田新)『バイオレンスアクション』4

第3集から半年余り、お待ちかねの最新巻です。 10話・11話は基本的におまけで、メインは12話。 (途中まで) 一見真面目でいい人そうだけど実はクズ野郎な警官(駐在)・桑井が、ヤクザから依頼された殺し屋兼業の猟師集団(!)に狙われ。 その桑井を護るために派遣された主人公=20歳のゆるふわ殺し屋ガール・ケイ。 (今回銃なし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラマツヒロキ『DJ道』完結

ここ数年、多くのイヴェントでDJとして一緒に回してきた盟友にして人気漫画家・ムラマツヒロキが「チャンピオンクロス」で好評のうちに続けてきた連載『DJ道』。 本日17日に配信された第24話を以て、堂々の完結。 http://chancro.jp/comics/dj/24 アニソン以外無縁だったヘタレ青年・道雄が失恋を契機にD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下ユタカ近況

今や本人がスマホでツイッターやってる(一時期からは想像もつかない…今じゃ一応パソコンだって持ってるんだぜ。ただしスマホはしょっちゅう壊す)ということもあり、最近このブログでは御無沙汰だった“山下ユタカ近況”。 昨夜我が地元埼玉は宮原ヒソミネ(そんなところにライヴハウスあったんだ!)で山下ユタカ=ハッチがヴォーカルを務めるゲルチュチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あの方」の正体

青山剛昌が病気療養(何の病気?)と充電のため『名探偵コナン』を長期休載するのだという。 そして、休載前の最後の話で遂に“黒ずくめの組織”のボスである「あの方」の正体が明らかに? チェックしましたよ、少年サンデー。 (最近はあんまり読んでなかったんだけどね) …烏丸蓮耶かあ。 20年ほど前に99歳で死んでいるはずの、謎の大富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩明均(原作)・室井大資(漫画)『レイリ』第四巻

こないだ『バイオレンスアクション』第3集が出たのに、1週間ちょっとで『レイリ』の第四巻。 なんだよ、今月室井大資月間かよ。 (『レイリ』のカバーにももう“沢田新の名義で原作をつとめる『バイオレンスアクション』”って書いてあるね) ともあれ。 武田信勝を亡きものにせんとする刺客とレイリの激闘。 そして、レイリが敬愛する岡部丹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井蓮次(原作:沢田新)『バイオレンスアクション』3

「やわらかスピリッツ」で好評連載中、『バイオレンスアクション』の第3集。 …好評ってか、「やわらかスピリッツ」の連作作品中で、PV数がぶっちぎりのトップですってよ。 凄いね。 …で、第2集の発売直後に、原作者“沢田新”の正体が公表されている。 室井大資。 岩明均原作の『レイリ』の作画担当として絶賛連載中の室井大資その人であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下ユタカ近況

ここで山下ユタカの話をするのも4ヵ月ぶりくらいですが。 何しろ何処かに新作が載るとか、そういう動きがないからねえ。 最近はそんなにしょっちゅう会ってもいない。 こっちも貧乏暇なしなもんで。 あ、こないだは二人で昼から翌朝まで17時間飲み続けてその間の支出は全部俺持ちというアホな遊び方をしたけど。 (山下氏の名誉のために言ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井蓮次(原作:沢田新)『バイオレンスアクション』2

「やわらかスピリッツ」にて好評連載中『バイオレンスアクション』、待望の第2集。 好評も好評、第1集は重版に次ぐ重版で、この5月の「このマンガが凄い!」ランキング“オトコ編”の第1位なんだそうで。 20歳の専門学校生・ケイはデリヘル「ぷるるん天然娘特急便」の指名ナンバーワン…と見せかけて実は超凄腕の殺し屋。 あくまで簿記検定合格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩明均(原作)・室井大資(漫画)『レイリ』第三巻

2日続けて漫画の話。 岩明均・室井大資コンビによる最新巻。 織田軍の雑兵に家族を惨殺された少女・レイリは武田家の武将・岡部丹波守の元で死を願いつつ剣の腕を磨き。 しかし何故か武田家の重臣・土屋惣三に拾われることとなり、武田勝頼の嫡男・信勝の影武者として日々を送ることになるのだった…というのが第二巻までのあらすじ。 第二巻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井蓮次(原作:沢田新)『バイオレンスアクション』1

発売から1ヵ月ほど出遅れたが。 コレ面白いです。 小学館のサイト「やわらかスピリッツ」で昨年から連載されている作品。 重版出来の人気作だそうなんで、このブログを御覧の皆様でも読んだ人いるかもだけど。 デリヘルを装った殺し屋派遣業者「ぷるるん天然娘特急便」(という設定からして既に狂ってるが)の指名No.1・ケイ。 日商簿記検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下ユタカ近況

15日、山下ユタカの引っ越しを手伝ってきました。 確か引っ越し9回目とか言ってた気がするけど、そのうち3回手伝ってるという…。 (更にそのうち1回は保証人になった) 車が必要だというので、埼玉の奥地からこわごわドライヴすること2時間。 都内はホントに走りづらいねー、一方通行とかばっかりで。 さておき山下ユタカ、前の家か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩明均(原作)・室井大資(漫画)『レイリ』第一巻・第二巻

うわー、2ヵ月も出遅れちまったよ。 近所の本屋で「よし、出てるな」と思って、次に行ったら売れちゃってて。 それで、初版が1ヵ月も経たずに2巻で○○万部売れて増刷かかって。 「ひいっ、重版出来待ちですか!」と思ったら、別の本屋で初版本ゲット。 岩明均が原作で、室井大資が作画の時代劇。 『雪の峠・剣の舞』を読んだ人なら、岩明均…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下ユタカ近況(本人コメント一言あり)

このブログにアクセスする人が、何処のリンクから飛んできたのかとか、どんな検索キーワードでここを見つけたのかとか、ある程度わかるようになってるんだけど。 ここ数日急増しているのが、「沖田臥竜」とか「山下ユタカ」とかのキーワードからこのブログにたどり着いてる人たち。 ああ…『カリスマ』が5話で止まったまんまだもんな。 そのことについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖田臥竜/山下ユタカ『カリスマ』第五話

はい、沖田臥竜原作・山下ユタカ作画『カリスマ』第五話、24日にアップされておりますね。 うっ、今回ページ数少ない…。 ともあれ↓ http://r-zone.me/2016/09/post-1765.html 武田組からの離脱を決めた直江組だが。 しかし一枚岩ではないようで。 ますます募る不穏な空気。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カリスマ』第四話と『DJ道』第5話

おっと、1週間近く経ってしまった。 先週の土曜日、沖田臥竜原作・山下ユタカ作画『カリスマ』第四話、間違いなくアップされております。 皆様もうお読みになったかと思いますが…。 http://r-zone.me/2016/09/post-1750.html 連載4回、1ヵ月にして、未だ序盤。 撃ち合ったり殺し合った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖田臥竜/山下ユタカ『カリスマ』第三話

はい、『カリスマ』第三話「離脱」アップされましたね。 皆様御覧になったでしょうか。 http://r-zone.me/2016/09/post-1722.html 二代目梶組が武田組からの離脱を決定し。 飲食店経営というシノギで世間に波風立てることなく暮らしていた梶組若頭補佐・木夏の運命が音を立てて転がり始める、その瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖田臥竜/山下ユタカ『カリスマ』第二話

いやあ、沖田臥竜原作・山下ユタカ作画『カリスマ』第二話。 ちゃんとアップされてんのな。 (当たり前だが) 本当に週刊連載なんですのよ奥さん(←誰)。 http://r-zone.me/2016/09/post-1701.html 「予感」というタイトル通り、ヤクザなりの平凡な日常(?)が音を立てて崩れていく、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖田臥竜/山下ユタカ『カリスマ』(作者コメント有)

山下ユタカ、『ラチェット・シティ』以来となる新連載スタート。 今までにも話が出ては消えたりしていたが、初めて実現した原作付き。 原作者の沖田臥竜は、“元極道の異色作家”という触れ込みで「R-ZONE」に連載している人物。 これまでにもヤクザや半グレなど、いろいろと悪い人たちを描いてきた山下ユタカだが。 元“本職”の人が原作で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラマツヒロキ『DJ道』

イヴェント「HANKY PANKY」で毎回顔を合わせるDJ・ムラマツヒロキ。アナログレコードばかりをすっげえ上手くつなぎまくる男。そして彼は、漫画家でもある。そのムラマツが、秋田書店のWEB漫画サイト「チャンピオンクロス」で17日から新連載を開始した。その名も「DJ道」。(“どう”じゃなくて“みち”です。当然あの名作『まんが道』にひ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

執念の絵柄チェンジ

山下ユタカとは2ヵ月ばかり会ってないんだが。(3月以来、ゲルチュチュのライヴにも行けず…)その間、「R-ZONE」に載ってた『ガールズ&パンツァー』のイラストにも驚かされたが。先日公式ツイッターにアップされた、新作用キャラ表からの1枚にもまた驚かされた。(画像:山下ユタカの許諾により転載)オリジナル作でも、遂にこう来たか。『ラチェッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

配信とかライヴとか

画像は『R-ZONE』でも発表された、山下ユタカによる今年の干支のイラストで。(タカコちゃん、下半身スッポンポンけ?)コレもらったの昨年末だったんだけど、なんと今頃になって今年初めて山下ユタカの話題。(何しろ彼が携帯紛失して以降、1ヵ月くらい音信途絶していた。俺の方も今年はブログ書けなかった日がかなり多いし)ファンの間では既に話題沸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more