LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS BACTERIA@高円寺HIGH

<<   作成日時 : 2018/05/31 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ちょっと仕事が首締まってきて、ブログ2日休んだりとか。
それ以外にもモロモロあって、先週のライヴの話を今頃。
25日、高円寺HIGH。
“今週のライヴ”じゃなくて“先週のライヴ”だね。

HIGHは、実は初めて。
先日このブログでもアルバム『WHITEOUT』を紹介したBACTERIAのレコ発ワンマン。

フロアに入ると、重々しい音響に迎えられる。
中2階を見上げれば、黒ずくめの森川誠一郎(血と雫)の姿が。
ノイジシャンの人が使うような電子機材で、サウンド・コラージュを紡ぎ続けていた。
場内は満員。
しかしギュウギュウではなく、それなりにスペースがあって息苦しさはない。

定刻の3分前には、早くもメンバーがステージに現れる。
演奏が開始されたのは定刻の1分前、19時59分だった。
DEN(ドラム)による銅鑼1発でライヴ開始。
今回のライヴは2部構成。
第1部は“BLACKOUT”と題され、過去の代表曲が次々に演奏される30分。
「Another Fall」「Wipe Out」「Hate All」と3連発。
しかしそこでTOYOKI KAWAGUCHI(ギター、ヴォーカル)のアンプがトラブって中断。
DENが「いいところだったのにな…」とつぶやき、フロアに笑いが。
HIROSHI SUZUKI(ベース)の「皆様、御歓談を…」という一言で、更に場が和む。

ロン毛を二つに振り分け、キャミソールのように肩紐の細いタンクトップを着たDEN。
毛皮の帽子をかぶったTOYOKI KAWAGUCHI。
そして“悪魔くん”を思わせる(?)浮世離れしたルックスのHIROSHI SUZUKI。
見た目から実にナイスなトライアングル。
ジョン・ボーナムばりのデカいバスドラにワンタム(!)のドラムセットはすっきりと低くまとめられ、DENの上半身の動きがよく見える。
KAWAGUCHIとSUZUKIの足元も、出ている音からは考えられないようなすっきり具合。

アンプの交換後もMCらしきMCはなく、TOYOKI KAWAGUCHIの「BACTERIAです…」という一言で演奏再開。
ライヴ冒頭、これまでに何度か経験したBACTERIAのライヴほどの轟音じゃないな…と思ったのだが、演奏再開後は明らかに音圧が増したように感じた。
トータル約30分あまり、「この世の終わりに鳴り響く」まで突進してバンドは引っ込む。
HIGH、音がとても良いね。

そこで再び森川誠一郎が重低音を響かせる。
20時45分には再びメンバーが登場し、第2部“WHITEOUT”スタート。
「Close The Eyes」に始まり、アルバム『WHITEOUT』を全曲再現する形で聴かせていく。
「Monologue」「Downfall」というスポークン・ワード的なところではナマではなく音源を流しつつ。
プロジェクターからはアルバムのテーマである“冬”をイメージした映像が投影され。
Tシャツで十分な5月下旬のフロアが、真冬のイメージに彩られる。
「三月」ではMVの映像も混じり。

生々しくもメカニカルな轟音。
メトロノームのように正確にキープするドラマーとして、俺などは故ヤキ・リーベツァイト(CAN)を思い出したりするし。
シークェンサーと完璧に同調するドラマーとしてはハラルド・グロスコフ(ASHRA)が挙げられるが。
DENのドラムは彼らのように正確無比でありつつ、とてつもなくへヴィ。
TOYOKI KAWAGUCHIも、ギターを振り上げたり振り下ろしたり、身をよじりつつ激情のままに爆音を奏でているようでいて、随所に挿入される同期モノとぴったりシンクロ。
初期衝動の爆発を思わせるノイズが、一方で完全にコントロールされている。
そのアンサンブルを黙々と支えるHIROSHI SUZUKIのベース。
稀有なバンドだと思う。

アッパーでダンサブルな「Core Booster」で本編終了。
森川誠一郎が控えめな音量でノイズを流し始めるが、オーディエンスの熱狂的なアンコールでバンドはステージに戻る。
アンコールはBACTERIA随一のハードコア・ナンバー「Cult」。
銅鑼の連打で演奏が終わる。
しかしその後もオーディエンスの手拍子はやまず。
メンバー3人が再びステージに登場し、ライヴ終了を宣言。
約2時間のワンマンは終わりを告げた。

冷徹な爆音の連続から、多幸感溢れる「Core Booster」へと。
スタートから30年余り、メンバーや音楽性の変遷を経て辿り着いたBACTERIAの完成形。
すべてを吐き出し切った『WHITEOUT』を経て、しかしメンバーは更にその先を見据えているはず。
今後にまだまだ期待。
イイ夜だった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BACTERIA@高円寺HIGH LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる