LAZY SMOKEY DAMN!

アクセスカウンタ

zoom RSS AMON DUUL U再発6枚

<<   作成日時 : 2018/09/24 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像マーキー/ベル・アンティークより、AMON DUUL U初期/全盛期のアルバム6枚が紙ジャケ/SHM-CDで再発。
ライナーノーツを書きました。

AMON DUUL Uの紙ジャケ/SHM-CDというと2009年にも出ていて、実はその時も俺がライナーノーツを書いているんだけど。
その時のラインナップは『PHALLUS DEI』(1969年)、『YETI』(70年)、『TANZ DER LEMMINGE』(71年)、『CARNIVAL IN BABYLON』(71年)、『WOLF CITY』(72年)、『VIVE LE TRANCE』(74年)の6枚。
それからもう9年も経った。
今回は09年の6枚から『VIVE LE TRANCE』を抜いて『LIVE IN LONDON』(73年)が入った形。
で、『LIVE IN LONDON』自体は07年にデジパックで国内発売されていたんだが、その時致命的だったのはジャケットが差し替えられていたこと。
今回はロドニー・マシューズによるオリジナル・デザイン(画像)が復活。
『LIVE IN LONDON』は、初のオリジナル・デザインによる紙ジャケ/最新リマスター/SHM-CDということになる。
昔出ていたオリジナル・デザインのCDよりもジャケットの発色がきれいで、LP時代の色合いがよく再現されている。

ライナーノーツは前半が6枚共通、後半がアルバム毎の個別ライナーとなっていて。
共通ライナーは全面改訂。
個別ライナーも部分的にかなり修正。
『LIVE IN LONDON』のライナーは2007年のモノをベースにしつつ全面改訂。

そして『LIVE IN LONDON』を除く5枚には新たに歌詞・対訳が付いた。
コレは嬉しい。
『WOLF CITY』の「Deutsch Nepal」のドイツ語の語りもちゃんと訳してある。
(ボーナス・トラックの歌詞及び対訳はなし)

原初の混沌を感じさせつつも実はかなりちゃんとアレンジされている『PHALLUS DEI』。
代表曲「Archangels Thunderbird」を含む『YETI』。
これまた名曲「Riding On A Cloud」を含む『TANZ DER LEMMINGE』。
またまた名曲「All The Year Round」を含む『CARNIVAL IN BABYLON』。
完成度を高め、最高傑作とされる『WOLF CITY』。
そしてラフでダイナミックなライヴの勢いが炸裂する『LIVE IN LONDON』。
改めてAMON DUUL Uに接する人にはもちろんお勧めだし、2009年盤を持っている人も歌詞・対訳のために買い直してイイと思う。
まさに決定盤的再発。


いずれも25日リリース。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AMON DUUL U再発6枚 LAZY SMOKEY DAMN!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる