テーマ:今日の新刊

COURAGEOUS CAT CLUB Volume 5

Hiroshi The Golden Arm(ACE KILLERS UNION、THE GOLDEN RAT)の手になるジョニー・サンダースのファンジン、昨年12月のVol.4(https://lsd-blog.at.webry.info/202112/article_25.html)から約半年という早いペースで登場した最新号。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青牡蠣通信 Vol.9

界隈で話題の、日本のヘヴィ・メタルを中心に扱うファンジン。 平綴じで132ページもある、凄いヴォリューム。 ”BOC”KenことKensuke Miwada氏が一人で作っているのだが、今回は別府伸朗氏、多田進氏も執筆に参加。 特集は先日新作アルバムをリリースしたMUTHAS PRIDE、昨年3rdシングルをリリースしたkyan…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

COURAGEOUS CAT CLUB Vol.4

Hiroshi The Golden Arm(ACE KILLERS UNION、THE GOLDEN RAT)の手になるジョニー・サンダースのファンジン、なんと24年ぶりの最新号。 俺は最初の2号は今でも持っているが(というかVol.2には執筆していた)、ネットに掲載されたというVol.3は読んでおらず、そしてVol.3はサイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコードコレクターズ2022年1月号

すげえ久しぶりに買ったレコードコレクターズ。 今日発売で、本屋に駆け込んだ。 お目当てはもちろん、松山晋也さんによる裸のラリーズの記事。 もっとガッツリ特集してるのかと思ったんで、6ページというのにはちょっと落胆したんだけど。 しかし水谷孝が亡くなる直前まで連絡を取り合って、細野晴臣(!)を迎えてのアメリカ・ツアーと武道館ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎悟司『カメの甲羅はあばら骨 ジュニア版 人体で表す動物図鑑』

『ニッポンじゃアリエナイ 世界の国』(https://lsd-blog.at.webry.info/202004/article_17.html)他、時々児童書とかの仕事いただいてるSBクリエイティブ。 俺は関わってないけど、俺と仕事してる編集さんが担当して大きな話題になった本に、『カメの甲羅はあばら骨 人体で表す動物図鑑』(2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プリーズ・キル・ミー アメリカン・パンク・ヒストリー無修正証言集』

雑誌「PUNK」を主宰していたレッグス・マクニールと、パティ・スミスやジム・キャロルも出ていたことで有名なセント・マークス教会でポエトリー・プロジェクトをコーディネイトしていたジリアン・マッケイン…の二人が、60年代から90年代に至るアメリカン・アンダーグラウンドの実相を、関係者の証言のみでまとめた”オーラル・ヒストリー”。 1996…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『モーターヘッド/レミー・キルミスター自伝/ホワイト・ライン・フィーヴァー』

海外では2002年に出版され、15年4月に日本語版も出版されたレミーの自伝『ホワイト・ライン・フィーヴァー』。 日本語版初版の発行から約3年半を経て、遂に重版。 映画『クリーン・ユア・クロック』の上映館では既にフライングで発売されていたが、正式な発売日は明日28日となる。 今回、そのまま重版して“第2刷”とはなっていない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川修平『モーターヘッド伝説』

ヘヴィ・メタル文化論の研究者として電子書籍を発表し続けてきた長谷川修平、約2年ぶりに近い新刊。 このブログでも紹介した前作『モーターヘッドのレミーが残したもの』(https://lsd-blog.at.webry.info/201702/article_4.html)に続き、今回はMOTORHEADのアルバムを詳細に解説した1冊。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ブラック・メタル サタニック・カルトの30年史』

3~4年くらい前、このブログで紹介する新譜がなんかやたらブラック・メタルばっかりという時期があった。 (正直言ってその頃は精神も生活もかなり荒んでた) その頃よく読んでいたのが、2008年に翻訳版が出た『ブラック・メタルの血塗られた歴史』。 (原書は1998年。その後03年に新版が出ていて、翻訳版はそちらを日本語化したモノ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マンガ 世界を操る秘密結社に潜入! フリーメイスンの謎と正体』

コレ、2月末に出てすぐ入手してた本なんだけど。 最近になってようやく読んだ。 無理矢理“今日の新刊”枠で紹介。 タイトルから「あ~」とか思う人も多いかも知れないが。 まあいわゆる“トンデモ本”と思っても間違いない。 タイトル通り、漫画とテキストでフリーメイスン(一般に“フリーメーソン”“フリーメイソン”と表記されていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フリーペーパーココカラ」

俺は埼玉県民だからまあ当然なんだけど、都内にこのようなフリーペーパーがあるのを全然知りませんでした。 五反田、目黒、恵比寿、代官山、中目黒、学芸大学、広尾、白金、西小山、武蔵小山、戸越、中延、不動前…“ざっくりそのへん”で4万部配布してるんだそうで。 新しいことや面白いことを発信していくフリーペーパー。 コレがなかなか面白い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川修平『モーターヘッドのレミーが遺したもの』

昨日紹介した『メタルファッションを読み解く:NWOBHM、LAメタル、BIG4、BABYMETALを追って』と同時に配信開始となった、ヘヴィ・メタル文化(そしてMOTORHEAD/レミー)研究者・長谷川修平の電子書籍。 タイトルの通り、一周忌が過ぎたレミーのレガシーについて考察する1冊。 本編は五つの章から成り、 1.レミー流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川修平『メタルファッションを読み解く』

これまでにも紹介してきたへヴィ・メタル文化研究者:長谷川修平の新刊(電子書籍)。 正確なタイトルは『メタルファッションを読み解く:NWOBHM、LAメタル、BIG4、BABYMETALを追って』。 (例によってウェブリブログのタイトル字数制限にひっかかった) タイトルの通り、New Wave Of British Heavy Me…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『マンガでわかる! 雑談力~トレーニングで話はうまくなる』

4月に出た本だから、ギリギリ“新刊”って感じだが。 えっ、現時点で第3刷? けっこう売れてんのね…。 漫画は好きですが。 この手の「マンガで読む○○」みたいなのは、全然読んだことない。 子供の頃に“学習漫画”とか読んだぐらい。 (学研『恐竜のひみつ』とかそういうの) コレはとある仕事に絡んで、ちょっと資料みたいな感じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BURRN! 2016年7月号

3月号のレミー追悼特集で、久しぶりにBURRN!を買ったのだったが。 それから4ヵ月。 別府伸朗氏の新連載が! びっくりしました。 埼玉県内でも限りなく群馬県に近い深谷市。 その深谷の深奥部、携帯の電波が届かない秘境に住むと噂されるアンダーグラウンドの守護神にしてベルボトムの芋男爵・別府伸朗氏があのBURRN!で連載を…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『モーターヘッド/レミー・キルミスター自伝/ホワイト・ライン・フィーヴァー』

8日に発売されていたブツ。 我らがレミー大統領の自伝。 さっき読了。 原書で繰り返し読んだブツだが。 何しろ原書は当然全部英語。 内容の半分だってちゃんと理解していたとは言えない。 それが日本語訳で読める日が来るとは。 (原書の刊行から実に13年近く経ってしまっているとはいえ) 愉快なエピソード(そうでないのもある)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍『ヘヴィメタルの悪魔的動物誌:ヨーロッパの装飾文化とフォークロアから読み解く音楽文化』

へヴィ・メタルのサウンドやファッションを文化論として研究する男・長谷川修平…による、3冊目の電子書籍。 長谷川が、在籍中である鶴見大学大学院で発表した論文をベースにしている。 今回は、へヴィ・メタルのアルバム・ジャケットやアートワークに登場する動物に注目し、へヴィ・メタルのミュージシャンたちが何故ジャケットなどにそれらの動物をア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダ・ヴィンチ5月号

KADOKAWAと言えば、このブログ読んでる人はコミックビーム…ってそんな人ももういないかな?(苦笑) ”本の雑誌”ダ・ヴィンチが創刊20周年だそうで。 で、特集がこれまた連載20周年の『名探偵コナン』。 単行本、最新83巻が明日発売ですなあ。 『名探偵コナン』って…このブログ読んでる人にコナンの読者っているのかしら。 漫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOLLOW-UP Vol.131

前にも書いたと思うけど、FOLLOW-UPは大抵「異常メタル愛好癖」から読む。 大抵見たことも聴いたこともないようなバンドの話ばっかりだけど、面白い。 今月は、SILVER MOUNTAINの『SHAKIN' BRAINS』(画像)は素晴らしい、というのと、STRATOVARIUSは1stアルバムに限る、という話。 ああ…わか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松下弘子 ライヴ写真集『レジェンド』

1月5日に発売されてたんだけど、2ヵ月近く経ってようやく入手。 高円寺のゴッドマザー“松下のおばちゃん”ことカメラマン松下弘子、3冊目の写真集。 おばちゃん今年で御年78歳(!)。 目標通り、どうにか喜寿のうちに写真集出せて良かったね。 内容はこれまでの2冊と基本的に同じ方向性。 普段着でアクションもなく淡々とライヴを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RAZORCAKE #75

いや、今日の新刊っていうか、ぼやぼやしてたらもう次の号が出ちゃってるんだけどね。 元FLIPSIDE誌の編集者だったトッド・テイラーを中心に、LAで2001年から続いている音楽雑誌。 ちゃんとバーコード付いてるし、ファンジンじゃなくて雑誌というべきだろうな。 12年で75号(や、もう76号出てる)を数えているのだが、初めて買いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍『へヴィメタル・ファッションとは何か』

以前紹介した『へヴィメタルを“読む”』に続く、長谷川修平のへヴィ・メタル(及びへヴィ・メタル文化)研究書。 今回はファッションから、メタルのアティテュードを掘り下げるという試み。 スカル・リングとヘヴィ・メタル的な心性の関係を、“メメント・モリ”思想に見られる無常観や中世の“ダンス・マカーブル”に顕著なグロテスク趣味まで遡って解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍『へヴィメタルを“読む”』

電子書籍かー。 世の流れってやつを感じますね。 へヴィ・メタルを、単なる音楽の一ジャンルとしてだけでなく、産業革命以降の資本主義の中から必然的に出てきた、英国文化の中に位置を占めるサブカルチャーのひとつとして論じた1冊。 (紙の本じゃないけど、敢えて“1冊”というべきだろう) 著者の長谷川修平は、横浜の鶴見大学大学院文学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HUMAN BEING LAWNMOWER #3

アメリカのファンジンです。 ニューヨークはブルックリン発、パンク/ガレージ/プロト・パンク系ファンジンの、第3号。 (2008年の創刊号は、当時のUGLY THINGSでもちょろっと紹介されてる) “HUMAN BEING LAWNMOWER”というのは…皆様おわかりですね、MC5の曲名から取られています。 当然中身も興味深い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『偏愛!! カルト・コミック100』

8月末に出てたはずだけど、なんかどーしても見つからなくって。 ようやく入手。 洋泉社MOOK。 全体的に、まだざっとしか見てないんだけど。 「アレが載ってない」とか「コレって“カルト・コミック”なの?」とか思うところもあるし、それはコレを読む人なら多分100人が100通り「アレが載ってない、何でコレが載ってるの」とか言うと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイゾー」3・4月合併号

先日、「サイゾー」の最新号に山下ユタカのインタヴューが載ってるらしいぞ、と書いたが、皆様御覧になったでしょうか。 俺は先日ようやくサイゾーを発見しました。 渋谷駅構内の本屋で。 先月出た雑誌だけど、合併号ということで次のが出るのは来月だから、探せばまだあるんじゃないでしょうか。 最後の方の、「サブカルで見る不良カルチャー」と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

PIM SCHEELINGS『Q65』

コレは、UGLY THINGSの増刊みたいなもんで。 …お題はTHE OUTSIDERSと並ぶダッチ・ビートの雄、Q65! (この手のやつで、2006年にはTHE PRETTY THINGSのニュージーランド公演についてまとめた『DON'T BRING ME DOWN…UNDER』っていうのも出てたね。そっちは当時DOLLでちらっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UGLY THINGS #29

ガレージ系のファンにはお馴染みの老舗ファンジン、最新号が出ました。 UGLY THINGSは毎号必ず買ってる。 いつから買い始めたのか覚えてないながら、初期のバックナンバーも合本で復刻された時に買ったんで、一応全部持ってることになる。 もちろん英語なんで、いつも斜めに読んで、内容は半分も把握出来ちゃいないんだが。 ともあれ海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミック・ファレン『アナキストに煙草を』

ミック・ファレン。 英国アンダーグラウンド・ロックの帝王。 60年代に彼が率いたTHE DEVIANTSこそは、いわゆるノッティングヒルゲイト人脈の起点であり、HAWKWINDやPINK FAIRIESやMOTORHEADなど主要なバンドにつながっていく偉大な存在。 彼のレコードやライヴでバックを務めた連中の名前を思いつくままに列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコードコレクターズ2009年10月号

80年代後半から2000年前後まで、ミュージックマガジンとクロスビートとBURRN!とレコードコレクターズはほぼ毎号買ってた。 どれも熟読するんで、読むのがどんどん遅れる。 読んでないのが部屋の中で山になる。 自分が書く方で忙しくなると、DOLLとTHE DIGとEURO-ROCK PRESSに目を通すので精いっぱいで、他の音楽誌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more